ジェネリック医薬品

レビトラの通販

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

医薬品にはジェネリック医薬品があります。これは新薬に対して同じ有効成分で他の製薬会社が新たに開発した医薬品で後発薬とも呼ばれています。新薬を作るのに通常10年から20年近く期間を費やし、そして費用はなんと300億円以上もかかるのです。これらのすべてのコストを含めた値段が新薬の値段となります。
医療費には保険が適用されるものと適用されないものがあります。普段何気なく病院へかかってますが風邪などをひいた時のさほど困らない病院代はこれはすべて保険のおかげなのです。しかしこの負担してくれている医療費はだれが払っているの?と考えた場合莫大な医療費として国などが代わりに払ってくれているのです。

国でもジェネリックを推奨

国でもジェネリックを推奨

いま日本ではジェネリック医薬品を推奨しており、薬局などでは後発薬を進めてきます。ジェネリック医薬品の開発期間は3年から5年で開発費用はなんと1億円しかかからないのです。これにより後発薬は新薬よりもかなり安い値段で販売することができるのです。後発薬は新薬に比べるとかなり安く感じるので、中には効果がないのではないか?と不安になる方もいますがもちろんそんな心配は無用です。同じ有効成分を主成分としているので効能や効果は同等となります。さらに元からある有効成分を元に再開発しているので中には飲みやすく改良されたものもあるのです。

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラにもジェネリック医薬品があります。その中で2種類人気の製品をご紹介します。

バリフ

バリフ

インドのアジャンタファーマ社が開発販売しているレビトラの後発薬。レビトラの90%OFFの値段で販売されていますが、効能や効果は同等となっている為人気の製品です。日本では未承認の為海外通販(個人輸入)などで購入することができます。

ジェビトラ

ジェビトラ

インドのサンライズレメディ社が開発販売しているレビトラの後発薬。レビトラの10分の1の価格で販売されているのでこちらも人気となっています。20mg以上の40mg、60mgも販売されていますが、日本人は20mgで十分と考えられているのでピルカッターなどで半分にカットすると経済的となります。

レビトラの通販
このページの先頭へ